インデント指定

1回目の貯金入力>100
100円貯まりました。
2回目の貯金入力>200
300円貯まりました。
3回目の貯金入力>500
800円貯まりました。
4回目の貯金入力>800
1千と600円貯まりました。
5回目の貯金入力>400
2千円貯まりました。
6回目の貯金入力>0
5回の貯金で、2千円貯まりました。以上です。

次のプログラムは、次のように貯金入力の情報が1000以上か、 そうでないかで処理を変える if else 文を使います。
そして、が1000以上の処理の中では、1000の端数がある場合と、無い場合で  if else 文を使っています。

小のボタンで文字を小さくできます

必要なtabキーだけを入力してください。tabキー以外の入力や削除などの編集を行うと、 正解になりません!

←正しく修正してからクリックください。