サーバ・クライアント

サーバやクライアントって何?

サーバ(sever)とは、クライアントからの要求に対して、情報やサービスを提供する役割を担います。
逆に、クライアント(client)は、サーバに対して、情報やサービスを要求して、サーバから得られた情報を利用します。

そして、サーバの役割をするソフトが動いているマシンがサーバマシンになります。 同様に、クライアント用のソフトが動いているマシンがクライアントマシンとなります。 しかし最近のコンピュータでは、サーバの役割のソフトや、クライアントの役割のソフトが既に入っている場合が多く、 クライアントとしてもサーバしても使えます。

インターネットで使われる サーバークライアント間では、 主にTCP/IPを利用した通信で情報のやり取りが行われます。
TCP/IPは、インターネットで使われるたくさんの通信規則の総称で、 IPアドレスポート番号と呼ばれるものを利用します。
インターネットの中では、たくさんのマシンが動き、たくさんのサーバーやクライアントのソフトが動いています。

そして通信において、通信相手のマシンのネットワークハードウェアへ情報を送るためにIPアドレスが使われ、 通信相手の実行中ソフトを特定するためにポート番号が使われます。

インターネットでよく使われるサーバー挙げると、Webサーバー、SMTPサーバー、POP3サーバー、ニュースサーバー、 FTPサーバー、Telnetサーバーなどがあります。
これらサーバーとクライアントが通信するための規則(アプリケーションプロトコル)は、あらかじめ決められており、 それらソフトウェアは、各規則に基づいてその機能が働くようにプログラミングされています。